でんぱ組.inc、いや、アイドル達は皆ゾンビバスターズだ!!

f:id:daidiary:20160416232542j:plain

この人もアイドル。

 

 

 

・アイドルという業

 

このツイートをタイムラインで見た時は結構な衝撃でした。

 

田村ゆかりさんと言えば、アイドル声優さんの中でも断トツのトップに立つ女性声優さんです。

自身を「ゆかり王国の姫」と称し、観に来たファンを「王国民」と呼ぶなど、セルフプロデュース力も完璧。

楽曲のクオリティも素晴らしく(個人的にはデイジー・ブルーが好き)まさに唯一無二のアイドル声優です。

見ればかならず勇気を貰うし、元気になるし。王国民たちに幸せを分け与えるのです。

 

舞台上の田村ゆかりさんは本当に楽しそうに歌って、トークも面白くて、みんなを幸せにするって雰囲気で、僕は尊敬の念をいつも感じています。

だって、凄いぜ、「ゆかりん」を請け負う覚悟。人生を「ゆかりん」に捧げている訳ですから。その業たるや、一般の我々、まして僕みたいな若造には計り知れません。

教育実習みたいに、三週間四週間田村ゆかりになれるっていうなら別ですが、一生を捧げるのは、こう言ってはなんですが、正直ゾッとする。

いうなれば自らアイコンに成りに行くようなもので。アイドル声優の代名詞に。そんな存在に進んでなっていく気持ちというのはどんなものなんだろうなあ。

それは、宇宙の果てを考えるような果てしなく底の無い事だ、と僕は思ってしまうのです。

 

だからこそ、上記のツイートを見た時、その、ほんのほんの一片を垣間見たような気がして、なんとも言えない気持ちになりました。

僕達はやっぱり一般人ですから、どこかで日々の生活に嫌気をさしながら生きてゆくもので、その対極にいるのが、そういったステージで笑って踊って歌う人たちで。

そんな人達の姿を見る時だけ僕達は日々の色々を忘れる事が出来る。幸せになれる。

でも、じゃあ、ステージで笑って踊って歌う人たちが日々の生活に嫌気をさしたらどうするのだろう。

誰かの色々を忘れさせる事は出来ても、自分の色々を忘れさせるのは誰がやってくれるのか。

 

自分が辛いときだって、田村ゆかり

苦しいときだって、田村ゆかり

悲しい時だって、田村ゆかり

それでも、ずっと、田村ゆかりさんは、歌う。笑う。

 

「アイドル」という業は重く、そして、おそらくアイコンの中身は残酷なまでに冷たいものなのでしょう。

 

 

 

・ 開口の広くなったアイドル

 

さて。

上記で「田村ゆかり」さんの事を「アイドル」と言っていますが本業はもちろん「声優」。

田村ゆかりさんのwikipediaにも

田村 ゆかり(たむら ゆかり、1976年2月27日 - )は、日本の女性声優、歌手、ラジオパーソナリティ

と第一に「声優」の項目が最初に来ます。

 

しかし、田村ゆかりさんを始め、女性声優さんの近頃の活躍を見ますと、もうアイドルと遜色ないような活動をされている方もたくさんいます。

よく、女性声優さんの熱愛報道なんてものがあると炎上したりするのも、女性声優さんを「アイドル的視点」で見ているからでしょう。

なにか「アイドル」と「声優」のボーダーはあいまいになっているように感じます。

 

更には「アイドル」がテーマのアニメなんてものも最近はたくさん制作されており、なにか「三次元」的なアイドルと「二次元」的なアニメは、グチャグチャと混ざりあってきているように最近は思います。

 

で。

そんな時流ですから、もちろんガラパゴス的な事も起こります。

そう、「アイドル」が「声優」さんに憧れる時代。

「アイドル」になったきっかけが「声優になりたいから」なんてケースも最近ではよくあります。

元AKBのアイドルが声優事務所に移籍、なんてニュースも聞いたりしたものです

 

そして、今回紹介したいアイドルも、そんな今の「二次元」「三次元」ごちゃごちゃ時代を象徴するかのような存在!

 

そう。それが、今回紹介したいアイドルグループの「でんぱ組.inc」。

お勧めしたい楽曲「Dear☆Stageへようこそ♡」と合わせてお話させてください。

続きを読む

清竜人25♡は♡天才♡と♡変態

 

f:id:daidiary:20160417101223j:plain

 

 

 

・この男、天才。

 

本日は、天才『清竜人』について紹介させてください。

 

清 竜人(きよし りゅうじん、1989年5月27日 - )は、日本の男性シン
ガーソングライター。また、アイドルユニット・清 竜人25のプロデュ
ーサー兼メンバーでもある。大阪府大阪市淀川区出身。

Wikipediaより)

 

15歳からオリジナル曲を作り始め、16歳の夏に自主制作した音源は、後
に多くの業界関係者の耳に留まり彼の人生を変えていくことになる。

17歳の夏、全国高校生バンド選手権「TEENS ROCK IN HITACHINAKA 2006
」グランプリを受賞、副賞として同年のROCK IN JAPAN FESへの最年少
出場を果たす。

さらにデビュー前にも関わらず映画「僕の彼女はサイボーグ」への挿入
歌の提供と、その音楽性の評価は日を追うごとに高まり、初めて行われ
た東京でのライブでは、噂を聞きつけた20社以上の音楽関係者が詰めか
け、争奪戦を繰り広げた。

(公式サイトプロフィールより)

  

えー、この略歴からも分かる通り、この人『天才』。才能の塊。

なんか、少年漫画の主人公みたいな街道歩いてます。

でもまあ、仕方ないです。こんな切ない歌を歌われたら、認めざるをえません。

 


デビューしてから数年も経たないうちに、こういう歌を出したんです。

もう驚きましたね。

最近って、雰囲気のあるストレートな男性ソロシンガーってなかなかいないじゃないですか。

だから僕も、彼の歌を聞いて「いやあ、認めて貰いたい。なんとか世間に認めて貰いたい」なんて、知らない間にハマっていったんです。

なんだったら、知らない人に勧めてたくらいでしたよ、『清竜人っていいんだよ』『最高なんだよ』って。

 

彼が『MUSIC』っていう、人に勧めづらいアルバムを作るまでは、でしたが。

続きを読む

『幕が上がる』は最高サティスファクションエクスプロージョングラマラスベイベェ!

 

f:id:daidiary:20160417001359j:plain

(原作者)

 

 

 

・はじめに

 

まずは、自分がどれだけ、ももクロについて知っているかの説明。

・『山里亮太の不毛な議論』のリスナーだったため、6人が5人になって『Z』がついたこととか、電気屋さんにドサ周りしてたこととか、キングオブコメディの某パーケンさんがヤバいことくらいは知ってる。

・某動画サイトの『走れ!』ライブ映像には、ハマる。コンディション次第では、その動画で号泣する事も可。

……とまあ、これくらいしか押さえてない初心者です。ライブとかも行った事ありません。

 

次に僕の演劇経験についての解説。

・高校時代、演劇部に所属。地区大会どまりの弱小校出身。

・その時に創作脚本賞ってやつを貰う。

……そんな、片足くらいは突っ込んだ男です。好きな劇団はヨーロッパ企画さん。

 

と言う訳で、これから紹介する『幕が上がる』の感想は、そんな男が綴ったものだと思って見て頂きけたら幸いです。

続きを読む

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』最高過ぎたので一回マジで観て欲しいという願いを込めて書いた記事

 

f:id:daidiary:20160416233059j:plain

(ドラマ『モテキ』のパロ) 

 

 

 

・良い映画だったので語らせてください

 

25歳でも起こりえるんですね。自分の感性にスパッとハマる様な作品 に出会う事が。

と言う訳で、今日は『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』について書こうと思います。

 

ゴリゴリにネタバレするので気をつけてください。

続きを読む

最近の寺田心君を見てると、ふと『パコと魔法の絵本』に出てくる室町って元子役を思い出しちゃったんだよなあ。

f:id:daidiary:20160331185654j:plain

・寺田心君はかわいそう。

26歳フリーター男性に言われる筋合いないと思うんですけど、それでも僕は声を大にせざるを得ない。
「寺田心君、超かわいそうじゃない?」って。

いや、言いたい事は分かるんです。あのあざとさ、男ぶりっこが炸裂してる部分。
僕もキツイですよ、正直見てて。

(この動画を見て溜飲を下げちゃったしなあ)

大泉洋「寺田心、お前調子乗んなよ」 映画の試写会で暴言吐くも2ちゃんで賞賛wwwwwww(動画あり)

だけど、彼だって、自分の意思で、ああいう事になった訳じゃないじゃないですか!

きっと周りの大人たちのね、期待に答えようとして、ああなってしまったんだと思うんです。

だとすれば、寺田心君も、或る意味被害者じゃないですか!
『子役』っていう劇薬のような残酷システムの!

続きを読む

少女の共有スペース『さよならポニーテール』

f:id:daidiary:20160407084625j:plain

 

 

 

・かわいいは、さよならポニーテール!

 

かわいいは正義

かつて「苺ましまろ」の第一巻帯に書かれたというこのフレーズは瞬く間にネットに浸透していきました。

一見「ワロスwwwwwwwwwww」なキャッチコピーにも見えるのですが、その実なかなか核心をついた言葉のようにも思えます。

 

いったい誰が、ぽわぽわーんと日向ぼっこを楽しむゴマフアザラシを見ながら嫌いなヤツのLINEを別グループで全文晒すなんて事をするでしょうか。

仮にゴマフアザラシ君が「やめるんだよぉ」なんて言ったら僕は真っ先にスマホをへし折ります。なぜならゴマフアザラシ君が、かわいいから。

f:id:daidiary:20160407084828j:plain

「やめるんだよぉ」

 

ストレス社会で生きる僕達にしてみれば、この世界はなんと生きづらいものでしょう。

「正しいもの」なんて何処にもなく、「正しい道」なんて自分の人生や価値観によって大きく変わっていきます。

そんな、この世界で「正義」という二文字はあまりにも重く、複雑です。

 

ならせめて「かわいい」は「正義」でいいじゃないですか。人は「かわいい」に触れている時だけは、難しい思想や、嫌いなあの人の事も一時停止する事が出来るのです。

「救う」事は出来なくても「休戦」は申し込む事が出来る。やっぱり「かわいいは正義」だ、と僕は思うのです。 

f:id:daidiary:20160407084852j:plain

「正義だよぉ」

  

しかし中には「ゴマフアザラシ君は磯の香りがきつ過ぎて嫌だ」「魚ばっかり食べてるもん」「大人になると灰色になっちゃうからなあ」なんて厳しい意見を持っている人もいるかもしれません。

 

「そもそも『かわいいは正義』の『かわいい』は『苺ましまろ』に出てくる登場人物の小学生達に対するものではないか?」という原作至上主義者もいるでしょう。

 

まあ、落ち着いてください。

そんな皆さんの為に、僕はもう一つの「かわいい」をきちんと用意してます。そう、いわゆる「美少女的」な「かわいい」。

その欲求を満たしてくれるのが今回紹介するアーティスト「さよならポニーテール」なのです!

続きを読む

『新宿』で『新宿』を壊した大森靖子 ~かけがえのないマグマ~

f:id:daidiary:20160429202301j:plain

 

 

 

 

・歌詞を見る派・見ない派

 

歌詞の凄い人に惹かれます。

 

よく、曲の歌詞を「見る派」「見ない派」で分けることがありますが、 僕からしたら、そのアーティストや曲によってギアを変えます。『でんぱ組』とかは歌詞見ないし、『槇原敬之』は超歌詞を見ます。

 

で、曲によって自分の中の最高の聴き方を探すのが一般的な歌の楽しみだと思ってたんですが、どうやら歌詞を見ないって人も多数いるようです。ユーミンの歌詞すげえとか、思わないのかなあ。『DOWNTOWN BOY』 とかヤバいぜ。切なくて泣くぜ。

 

そんな詞も重視するタイプの僕は、『鋭いフレーズ』を持つ歌手が好きです。

例えば僕の大好きな槇原敬之。『pool』という曲のサビで『氷イチゴの真っ赤な舌で笑ってた』というフレーズがでてきます。…これ、ヤバくないですか?

 

鋭いフレーズは『あるある』と『インパクト』を同時に与えます。かき氷を食べて舌がシロップの色になるというのは『あるある』、しかも夏の情景を想起させる『あるある』です。加えて『氷イチゴ』という倒置的な言い回し。かき氷という正式な名称があるのに、それを超える造語。この『インパクト』。なにより、笑ってたというのが切なさを引き立たせて…

 

…と、実はこの歌に関しては過去に記事を書いたので気になる方は見て貰えればと思いますが

 

 

このような詞をかける人が心から羨ましく感じる僕がいます。小劇場界で脚本家を名乗ってた時期もありますから、「そこでこのフレーズか! 」という羨望を向けてしまうのです。

 

『あるある』は『共感』、『インパクト』は『衝撃』と言い換えられます。この相対する存在を同時に与えてしまう言葉は、台詞にするとドぎつくても、曲にのせると不思議と耳に入ります。

『歌』ほど言葉を心へ届けるツールはありません。

 

今回紹介する『大森靖子』さんは、そんな『共感』と『衝撃』を鋭すぎるフレーズで心へ届けてくれる歌手です。

この人は、もっと世間から評価されてもいいよなあ、という思いで今記事を書きました。

続きを読む