横林大々のブログ

横林大々のブログです。作家になるのが目標。こちらでは横林の宣伝や雑記を掲載します。

『愛はおしゃれじゃない』は、おしゃれ

諸々語る前にまずはこれを見てくださいよ。最高なんです。最高のPVなんです。



PVを見てもらえれば楽曲の多幸感とか岡村ちゃんの過剰な格好良さが分かると思います。

作詞はBase Ball Bearの小出さん(二番から歌う人)。

出だしからガツンとくるフレーズ。

「モテたいぜ」の後に来る「君にだけに」。

裏切り。

 

「カーテンを開くようにスカートを脱がしたい」とか「マスカラつけたなら僕も君のように泣けるのだろうか」とか場合によればキツくなりがちな世界観も岡村ちゃんが歌えば成立する。

グンと素敵になる。

だって「愛はおしゃれじゃない」んだから。

 

あと、この歌の凄い所は「モテる」人も「モテない」人も積極的にノれる所だと思う。

どちらの立場も踏まえながら、理解が行き届いてるというか。

格好悪いは格好良いに。

格好良いはひょっとしたら格好悪いのかもよ、と。

それって凄く最高だよな。

 

あの年で「ちゃん」づけ成立するの凄すぎる。

 

愛はおしゃれじゃない

愛はおしゃれじゃない

 

「大喜利URRAIグランプリ」予選で負けたけど、面白かったっていう記事。

 

大喜利URRAIグランプリについては過去記事を参照)

 

 

 

 

 

 

という訳で完敗。

先日の大喜利大会での決勝進出に胡坐を書いていたら、普段から大喜利をされている方に足元を掬われました。

甘くないですね。

 

しかし、面白かった。

僕なんてものは、演劇経験者ですから、もう、こうキャラを出したりとか無駄な演出をつけてしまったりだとか(それで成立してる方ならいいんですが僕は中途半端な方なので)してしまいがちなのですが、ここに出場されている方は回答の強度を軸にする、という明確な方向性が前提にあるため、まずぶれないのが凄い。

 

どうやら僕は「大喜利の面白さ」とはなんぞや、みたいなものをまだ明確にわかっていないのだと思います。

(ただ、写真で一言は一回も外しませんでした。演劇をやってた人間としての意地。でも、これも現役で演劇されている方の中では埋もれてしまうからなあ)

 

それで、また出場者の方が本当に個性的な方ばかりで。

現役の中学生(?!)の男の子とか。(しかも男女コンビで漫才しているらしいです。めーっちゃすごくない?眩しすぎて青春ゾンビの僕、とろけて消えてなくなるよね)

ツイッターで、たまにタイムラインに流れてきたりする犬女さんが決勝行ってたりとか。(この日、超ハネてました)

演劇出身の方とか。

飄々舎に出場していた方とか。

 

あとは、なんと!

僕の即興小説を見に来てくださっていた方とか。

(めっちゃありがたかったな)

 

それから!

はがき職人の方も出場していたのです!!

大学時代呪いのように深夜ラジオを聞いてた自分からすると、スターみたいな方々なので、いや、ちょっとマジでテンション上がりましたね。

 

そんな方々の大喜利

面白くない訳がない。

 

特に決勝は白眉な「おもしろ」でした。

いやあ、勝てない。

勝てないよ、今の段階では僕。

 

お越しいただいた皆様。

出場者の皆様。

そして今回司会を務めて本当に大喜利を盛り上げてくれたダンジョンのTさん。(何年もの付き合いになりますが、あれほど立て板に水で場を盛り上げてくれるとは思っていなかった。結構今回本気で尊敬しました)

なにより、今大会を企画運営してくれた、あふろだんぺ~さん。

本当にありがとうございました。

 

また精進して戻ってきます。

(金輪際、回答で安直にセックスとかいうのは止めます)

 

 

 

 

清竜人最高!ももクロの『イマジネーション』も最高!!

f:id:daidiary:20170102074755j:plain

 

清竜人って人は本当に圧倒的な天才なんですよ。僕は音楽の知識が皆無なので貧相な語彙力で説明するんですけど、なんか凄く良いでしょ?

特にアイドルとタッグを組んだ時の曲?あれ、もう鉄板じゃないですか。安パイですよ、安パイ。

(ちなみに、過去に清竜人の凄さについて書いた過去記事はこちらからどうぞ)

 

 

続きを読む

銀杏BOYZの東京

f:id:daidiary:20170102073537j:plain

 

 

東京に憧れがあります。
近畿圏内の地元に暮らして26年。
圧倒時な実家暮らしと相まって、いつからか都会というモノに憧れるようになりました。
キラキラとしたネオン。一日中動き続ける人の波。
流石に26年も無駄に年月を費やすと、近畿内の都会と呼ばれる場所には一通り足を赴くようになります。
しかし、やはりあの輝きには遠く及ばない。
それが、『東京』に対する僕の愛憎にも似た感情でした。

続きを読む

新春大喜利2017のお礼とお詫び

 

 

先週行われました、新春大喜利大会2017、横林は大喜利をする出場者として参加し、無事に終了しました。

お越し戴いた皆様、本当にありがとうございました。

 

 

なんと初出場の中で決勝まで残ることが出来ました。

(決勝は、しょっぱい成績でしたが)

 

ですがこの好成績は別に自分の実力がどうとかではなく、きっと流れがたまたまよかっただけで、別の流れがあれば僕は決勝に行くこともなかったはずです。

(下の記事に書いた、僕の大好きな丸山さんも大喜利大会に出場しており、流れ次第では丸山さんが、もしくは他の回答者の方が決勝に行く可能性は十分にあったと思います、本当に)

 


さて。

 

本来ならば、ツイッターの挨拶を載せて軽く記事を締めようと考えていたのですが、少しお詫びしなければならないことがあって、その部分が、やはりどうしても消えないまま日月が経ち「このままではいけない」と思い、記事にしました。

 

それは、僕があるお題をもらったときに回答した、出場させて戴いた『劇場』や『演劇人』への罵倒に近い大喜利についてなのですが。

 

そのことを少し、お話させてください。

 

 

続きを読む

1/21(土)「大喜利URRAIグランプリ」というイベントに出ます。是非来てください。

f:id:daidiary:20170103204728j:plain

f:id:daidiary:20170103204739j:plain

 

大喜利URRAIグランプリ』は誰でも参加可能な大喜利イベントです。 ​

初心者歓迎! というより、初めての方にこそ参加してもらいたいです。

大喜利のお題に対して考えて、想像して、答えて。

大喜利は面白いですよー!

​ 「いきなり参加はちょっと…」という方は見学からでも大丈夫です。 ​

みなさんの参加&見学をお待ちしております!

エントリーフォームからどうぞ。

(※観覧の場合でも人数把握のためエントリーフォームを送信してください。ご協力お願いします) ​

 

【企画・運営】 あふろだんぺ~ @

【MC】 ダンジョンのT(ナカグチタクマ)@

 

(公式ブログより引用)

 

という訳で上記のイベントに出演します。

もはや横林大々も、小説家というより大喜利の人、と言った具合ですが、是非お越しください。

 

一人で京都は寂しいです。

是非に。

1/9(月)に『新春大喜利2017』に出場します。お時間あれば是非お越しください。

 

f:id:daidiary:20170103193136j:plain

f:id:daidiary:20170103193200j:plain

 

 

横林大々です。

かつて演劇でお世話になった方とのご縁から、上述のイベントに参加することとなりました。

僕以外はほとんど関西の演劇関係の方という中で大喜利を行います。

 

 

数年前、狂ったように大喜利をしていた時代もあったのですが、現在はブランクも空き、大喜利を行うコンディションとしてはあまり良いものではないと思います。

ですが、せっかく呼んで戴いたからには、優勝を狙いたい。

 

 

(個人的には、同じ大学出身で、同い年で、最近大きな演劇の賞を取った『匿名劇壇』の福谷さんに一矢報いたい。一方的に追いかけて一方的に羨望のまなざしを向けている方なのですが、なにか、こう、なにか、こう、一回くらい、この人に何かで勝ちたいんですよね)

 

 

ちなみに去年も同様のイベントが開催されたのですが、客席で見ていて大変面白かったです。(去年、客席で見てた大喜利の会に回答者側で出れるという幸せ。生きていれば良い事も、ありますね。)
 

 

お時間あれば是非お越し下さい。

そして、横林の事を少しでも応援してくれると幸いです。

 

 

予約フォームは下記リンクより

新春大喜利会2017 予約フォーム

 

 

よろしく願いします。