横林大々的

趣味、ときどき宣伝。

ミュージックステーションで、けものフレンズの声優さんに見た、覚悟と凄み。

 

f:id:daidiary:20170415165254j:plain

今回は、昨日のミュージックステーションで 垣間見た覚悟と凄みについて書きます。

 

 

けものフレンズ

 

「あなたは何のフレンズ?」

「僕はね、小学校とかで歌う『Believe』を聞くと無条件に泣きそうになるフレンズだね」

「すごーい」

 

とか言ってる場合じゃないんですよ。

本当、凄いですね、最近の『けものフレンズ』の勢い。

 

けものフレンズ?」という方は、是非以下リンクより詳細を知ってもらって。

 

私も初め『けものフレンズ』というアニメを知ったときは

ネタアニメか」

程度の認識だったのですが、主題歌を聞き、アニメを追っていくうちに、見事にハマってしまいました。

 

これ、あえて断言しますが、たぶん、けものフレンズって子どもより大人の方が、より深みに陥ってしまう気がします。

 

私が高校生、浪人生の時に、『けいおん』が社会現象になりました。

で、当時、尖っていた私は「こんな何も事件も起こらない、能力もない、人もしなないアニメの何が面白いねん」と思ってたのですが、大人になれば分かりますね。

「だからいいんじゃないの」ってね。

 

あのねえ、もう、異世界行くとかしんどいんです、27歳になったら。

あとは、暗い話とかね。もう、現実が十分暗いのに、何を創作物の中でも二重で苦しまなければならないの、って。

なります、なりますからね、そこの、モラトリアム満喫してる大学生。

 

だからこそ、私は、けものフレンズの、ともすれば『ゆるい』という世界観にハマってしまいました。

サーバルちゃんの顔が最高に、とぼけた感じでいいんだよなあ。

あとは、どうぶつたちの関係性ね。

なんか、妙なしがらみが無くていい、いいよ。本当。

続きを読む

「カードキャプターさくらは俺の嫁!」とか言ってるヤツは劇場版第二作を観て出直せバカヤロー!

f:id:daidiary:20170129094417j:plain

 

『○○は俺の嫁!』みたいなヤツがあるじゃないですか。ネットではおなじみの。
○○には二次元、いわゆるアニメのキャラクターが入ります。

で、僕自身別に、この風潮に対して別にどうとかは言わないんですけど。
(まあ、こんな記事を書いてるくらいですから)

 

ただ。

それは、ある1人を除いての話です。

『○○は俺の嫁!』、僕の中で1人だけ○○に入れられたら「はああああああっ?」と思ってしまうキャラクターがいます。

 

それが今回紹介する「カードキャプターさくら」です。

 

でね。まあ、ちょっと聞いてください。

あのー、かれこれ15年ほど前から熱心なファンは「さくらは俺の嫁!」って言い続けてるじゃないですか?

まあ、僕ね、当時小学生くらいだったんで、ネットがどう盛り上がってたとか分からないんですけど。

でも、この15年も経ってる今ね、まだ、これを言ってる人がいるとしたら、それはもう大変ナンセンスと僕は思うんですよ。

え、なんでって?

 

あのなあ!

カードキャプターさくら小狼くんの嫁じゃろがいっ!

 

 

 

続きを読む

運命の出会いとか信じちゃうメルヘン系男子が『(500)日のサマー』を見た結果wwwwwwwwwwwww

f:id:daidiary:20170129101735j:plain

 

 

メンタルブレイク!!

メンタルブレイクですよ!奥さん!

なんつーもん見せてくれるんだ!

最悪だ!でも、最高だ!!

 

という訳で、今日は(500)日のサマーについて書くよー。

『運命の出会いとか信じちゃうメルヘン系男子』はマストで見ましょう。

生きる指標になるかもしれない。

続きを読む

僕は、この『AURA~魔竜院光牙最後の闘い~』がライトノベルの至高だと思ってるんだ。この作品はライトノベルとか関係なく見て欲しいよ。欲しいよ!欲しいよ祭!!

f:id:daidiary:20170129095952j:plain

 

田中ロミオさんがエロゲのシナリオライターだとか、あまりそういう詳しい事は知らないのですが、ただ、彼の書いた『AURA〜魔竜院光牙最後の闘い〜』は本当に良い作品なので某厨二病ラノベまたそれに付随するアニメ等に知名度で負けてる現状は許し難いものがあります。

 

という訳で今日はライトノベルでも僕が1,2を争うくらい好きな『AURA~魔竜院光牙最後の闘い~』について自分なりに勧めさせてください。

続きを読む

AKB48とモラトリアムとサヨナラ。

f:id:daidiary:20170128215833j:plain

  

 

 

2009年から2014年にかけて。

僕は、とある大阪の私立大学に一浪かけて入りました。

 

その場所には、演劇でくすぶり続けている僕をしり目に大躍進を遂げる劇団さんが旗揚げを行ったり、僕が所属していたサークル内で僕を置いてけぼりのままドロドロの恋愛劇が繰り広げられていたりと、本当に良い思い出がなかったのですが。

 

(詳しいことは下の記事に書かれています。お時間あれば是非)

 

 

 

そんな僕が授業の空きコマにやることがないからといって、よく暇を潰していた場所が、『パソコンルーム』と呼ばれる場所でした。 

 

僕は弁当屋でバイトこそしていたものの、お金に不自由をしていた大学生活だったので、学生であれば無料で利用できる、その場所に、まるで主のように入り浸っておりまして。

 

そこでYoutubeニコニコ動画を漁りに漁って限りある人生の中の時間を不毛に過ごしていたのです。

(パソコンルームには、僕のような青春の輪に入ることが出来なかった連中が、わなわなと集まり、孤のコミュニティを形成しているようでありました。)

 

当時の僕の、暇つぶし方法の一つはラジオを聴くことでした。

オードリーや南海の山ちゃん、そしてアルピーといった芸人さんのラジオから、集まれ昌鹿野放送局や、おどろき戦隊モモノキファイブといった声優さんのラジオまで、声を大にしては言えないですが本当にお世話になったと思います。

たぶん、ラジオがなければ僕はとっくに大学を自主退学していてもおかしくはなかった。

それくらい、パソコン室で過ごす不毛ながらも至福の時間は、僕の大切な思い出の一つです。

 

 

 

さて。そんな大学時代。

僕のマイブームはラジオでしたが、周囲のムーブメントは完全に、このアイドルグループたちでした。

 

AKB48

f:id:daidiary:20170128212141j:plain

 

パソコンルームの彼女らの占拠率。

今思い出しても、僕の大学生活は、彼女らと共にあったと思います。

続きを読む

「大喜利URRAIグランプリ」予選で負けたけど、面白かったっていう記事。

 

大喜利URRAIグランプリについては過去記事を参照)

 

 

 

 

 

 

という訳で完敗。

先日の大喜利大会での決勝進出に胡坐を書いていたら、普段から大喜利をされている方に足元を掬われました。

甘くないですね。

 

しかし、面白かった。

僕なんてものは、演劇経験者ですから、もう、こうキャラを出したりとか無駄な演出をつけてしまったりだとか(それで成立してる方ならいいんですが僕は中途半端な方なので)してしまいがちなのですが、ここに出場されている方は回答の強度を軸にする、という明確な方向性が前提にあるため、まずぶれないのが凄い。

 

どうやら僕は「大喜利の面白さ」とはなんぞや、みたいなものをまだ明確にわかっていないのだと思います。

(ただ、写真で一言は一回も外しませんでした。演劇をやってた人間としての意地。でも、これも現役で演劇されている方の中では埋もれてしまうからなあ)

 

それで、また出場者の方が本当に個性的な方ばかりで。

現役の中学生(?!)の男の子とか。(しかも男女コンビで漫才しているらしいです。めーっちゃすごくない?眩しすぎて青春ゾンビの僕、とろけて消えてなくなるよね)

ツイッターで、たまにタイムラインに流れてきたりする犬女さんが決勝行ってたりとか。(この日、超ハネてました)

演劇出身の方とか。

飄々舎に出場していた方とか。

 

あとは、なんと!

僕の即興小説を見に来てくださっていた方とか。

(めっちゃありがたかったな)

 

それから!

はがき職人の方も出場していたのです!!

大学時代呪いのように深夜ラジオを聞いてた自分からすると、スターみたいな方々なので、いや、ちょっとマジでテンション上がりましたね。

 

そんな方々の大喜利

面白くない訳がない。

 

特に決勝は白眉な「おもしろ」でした。

いやあ、勝てない。

勝てないよ、今の段階では僕。

 

お越しいただいた皆様。

出場者の皆様。

そして今回司会を務めて本当に大喜利を盛り上げてくれたダンジョンのTさん。(何年もの付き合いになりますが、あれほど立て板に水で場を盛り上げてくれるとは思っていなかった。結構今回本気で尊敬しました)

なにより、今大会を企画運営してくれた、あふろだんぺ~さん。

本当にありがとうございました。

 

また精進して戻ってきます。

(金輪際、回答で安直にセックスとかいうのは止めます)

 

 

 

 

銀杏BOYZの東京

f:id:daidiary:20170102073537j:plain

 

 

東京に憧れがあります。
近畿圏内の地元に暮らして26年。
圧倒時な実家暮らしと相まって、いつからか都会というモノに憧れるようになりました。
キラキラとしたネオン。一日中動き続ける人の波。
流石に26年も無駄に年月を費やすと、近畿内の都会と呼ばれる場所には一通り足を赴くようになります。
しかし、やはりあの輝きには遠く及ばない。
それが、『東京』に対する僕の愛憎にも似た感情でした。

続きを読む