横林大々のブログ

横林大々のブログです。作家になるのが目標。こちらでは横林の宣伝や雑記を掲載します。

5/14今週の土曜日に即興小説の公開イベントを京都で行います。客足が正直不安なので是非来て下さい。無料カンパ制です。

 

 

※イベントは終了しました※

 

 

 

もう、タイトルで今回の記事の要点はすべて伝えました。

 

 

 

 

実は約一週間ほど前から、昔書いた即興小説を、このカクヨムで再掲載しているのですが(詳しくはプロフィールから小説一覧を覗いて下さい)、最近流行りのフリースタイルダンジョンや、岡崎体育がライブで即興ソングを披露している動画を見ながら、僕は思いました。

「この、即興小説を、お客さんがいる前で披露したら面白いんじゃないか」と。

 

もともと、小劇場で脚本を書いたり、高校時代には役者もやっていたので人前で何かをやることが好きな人間です。

しかし、アマチュア作家の端くれである僕の書いた小説は、このようなサイト掲載や電子書籍での販売などではお客様の手に届くけど、お客様に直接届けるようなライブ感には欠けるなあ、と常々思っていました。(もちろん、正直そんなライブ感、作家には一切必要性ありません)

 

そこで僕は考えました。

「だったら、お客さんの前で小説をかけばいいじゃん」

僕には即興小説と言う大きなカードもあるし、と。

 

 

 

 

長編を書く精神力の無い僕が、その精神力を鍛える為に15分から30分くらいで小説を書き上げる『即興小説トレーニング』に出会って約半年くらいが経ちます。

即興小説を無尽蔵に作って行く過程で、ひょっとしたらという可能性が日に日に核心に変わって行きました。

 

僕には、長編を書く体力は無いけど、短編を書く爆発力はある、と。

(そんな事かいてますが、実際の成功率は多少盛って六割程度です)

 

詳しくは作品群を見てもらいたいのですが、こんな内容の短編を客前で30分で書ききろうというのが今回の企画です。

 

 

 

 

普段は一人でこそこそとトレーニングに励んでいる僕。

ですが、せっかくなら、今回は、その様子をライブにしよう。

 

更に今回は来て頂いたお客様から、お題を頂いて書き上げた小説をプレゼントなんて企画もやってみよう。

(お客様が凄く来たら中止の可能性もあります。)

 

そんな事を5/14今週の土曜日に京都で行います。

 

以下詳細。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

『その場でお題を貰い15分から30分くらいで即興小説をワーッと完成させる場』

 

 

開催日:平成28年5月14日(土)

 

場所:Variety Kyoto

(京都・京阪『三条駅』降りて徒歩2分)

(会場までの詳細はツイッターアカウント@variety_kyoto を参考にしてください)

 

予定時間:13:00~14:30(約90分)

(途中入場も全然アリです)

 

料金:無料カンパ(最悪、無料でもいいです)

 

 

おそらく質問されるであろう詳細に関する諸々へ、あらかじめ答えておくのコーナー

 

①即興小説って何ですか?

…15分から30分くらいで書く小説です。お客さまからお題を募ってそれに合わせた話を書きます。岡崎体育の即興ソングをYOUTUBEでググりましょう。やりろうとしてる事の雰囲気が分かります。

 

②即興小説は書いたあと、どうするの?

…可能であればスクリーンに映して作者である僕自身が読みます。

あとは、プレゼント希望があれば、媒体はまだ分かりませんが何らかの形でお渡ししたいと考えています。

 

③即興小説を書いてる間、客は何をしてればいいの?

…これがマジで鬼門なんですが、執筆中の僕からサービスしてあげられる事は本当に無いので、とりあえず持参で『UNO』と『ワンピース』と『ジョジョの奇妙な冒険』は持って行くつもりです。

あとは僕の黒歴史ノートとかも持って行くかもしれません。その時はそれを見て、せせら笑ってください。

可能であれば、僕の好きな曲を延々流したり、僕が大好きな『アルコ&ピースオールナイトニッポン』をバックミュージック替わりに流したりしたいです。

全然お客様どうしで喋ってくれても結構です。

 

④僕私も即興小説に参加したい!

…全然オッケーです。乱入しちゃってください。発表もしてくれていいですよ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

急な話なので、おそらく来場者が鬼のようにいない事が予想されます。

なので、みなさん、僕を救いに来て下さい。

 

そして、もし、その後も時間があれば、会ってお話しましょう。

 

たくさんのご来場、お待ちしています。