読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横林大々のブログ

小説家、横林大々のツイッターアカウントです。こちらでは横林の宣伝や雑記を掲載します。

清竜人25♡は♡天才♡と♡変態

雑記

 

f:id:daidiary:20160417101223j:plain

 

 

 

・この男、天才。

 

本日は、天才『清竜人』について紹介させてください。

 

清 竜人(きよし りゅうじん、1989年5月27日 - )は、日本の男性シン
ガーソングライター。また、アイドルユニット・清 竜人25のプロデュ
ーサー兼メンバーでもある。大阪府大阪市淀川区出身。

Wikipediaより)

 

15歳からオリジナル曲を作り始め、16歳の夏に自主制作した音源は、後
に多くの業界関係者の耳に留まり彼の人生を変えていくことになる。

17歳の夏、全国高校生バンド選手権「TEENS ROCK IN HITACHINAKA 2006
」グランプリを受賞、副賞として同年のROCK IN JAPAN FESへの最年少
出場を果たす。

さらにデビュー前にも関わらず映画「僕の彼女はサイボーグ」への挿入
歌の提供と、その音楽性の評価は日を追うごとに高まり、初めて行われ
た東京でのライブでは、噂を聞きつけた20社以上の音楽関係者が詰めか
け、争奪戦を繰り広げた。

(公式サイトプロフィールより)

  

えー、この略歴からも分かる通り、この人『天才』。才能の塊。

なんか、少年漫画の主人公みたいな街道歩いてます。

でもまあ、仕方ないです。こんな切ない歌を歌われたら、認めざるをえません。

 


デビューしてから数年も経たないうちに、こういう歌を出したんです。

もう驚きましたね。

最近って、雰囲気のあるストレートな男性ソロシンガーってなかなかいないじゃないですか。

だから僕も、彼の歌を聞いて「いやあ、認めて貰いたい。なんとか世間に認めて貰いたい」なんて、知らない間にハマっていったんです。

なんだったら、知らない人に勧めてたくらいでしたよ、『清竜人っていいんだよ』『最高なんだよ』って。

 

彼が『MUSIC』っていう、人に勧めづらいアルバムを作るまでは、でしたが。

 

 

  

・♡マーク

 

あのー、かつて彼には素朴で等身大で、だけどその姿が格好良いって時代があったんですけど。

大声優、堀江由衣さんに楽曲提供してから、様子が変わって来ました。

 

「…あれ、なんかタイトルに、すごい『♡(ハートマーク)』つけはじめたぞ」と。

ちょっと以下に、その楽曲を紹介してみます。

 

まずは堀江由衣さんへの提供曲。

・半永久的に愛してよ♡

(ハート1個)

・The♡World's♡End

(ハート2個)

・CHILDISH♡LOVE♡WORLD

(ハート2個)

 

次にでんぱ組inc.への提供曲

Dear☆Stageへようこそ♡

(星とハート)

・まもなく、でんぱ組.incが離陸致します♡

(語尾につけるシリーズ)

  

で、自分のアルバム『MUSIC』の楽曲。

・Fall♡In♡Loveに恋してるっ♪

・りゅうじんのエッチ♡ 〜ぼくのばちあたりな妄想劇〜

・バカ♡バカ♡バカ♡

 

……。

おいおい!どしたどしたあ!清竜人

ハート、これ、多すぎるって!

いや、もう、過多ですよ、過多。

過剰だって。やりすぎだって、竜人くん!

 

タイトルもさあ、なにそのりゅうじんのエッチとかあ!

素朴で等身大で、だけどその姿が格好良いの竜人くんはどうしたのぉっ!

ねええ!

 

この頃から、楽曲も、なんかよくわかんねえのを歌うようになりました。


(この、ブロッコリーみたいな頭の人が竜人君です)

 

もうねーカルチャーショックだったんですよ。

ハートマークって、語尾につけたり、単体で使ったりとか、使用方法な
んてものだと思ってたんです。

だけど、彼はその固定概念を覆してきました。

「途中に何個も挟んでいいじゃん」って。

 

僕、思いましたね。「うわ、最高にクレイジー」と。

 

 

 

・この男、変態

 

デビュー当時から芸風が随分と変わった清竜人くん。

じゃあ、僕が嫌うようになったかと言えば、実は全然そんなこともなく 、むしろ、どんどんハマりこんでしまいました。

 

いや、だって、この人、才能が大爆発してるんですよ、結局。

作る歌が最高だから、嫌いになれませんよ。

…むしろ今ではハートマークついてからの歌の方が好きかもしれません。

 

ハートマークが何個ついててもいい歌はいい歌なんです。

 

バカ バカ バカ

バカ バカ バカ

 

The♡World's♡End

The♡World's♡End

 

(彼が作詞・作曲した『Dear☆Stageへようこそ♡』に至っては、このブ
ログで紹介する記事も書いてるくらいです)

  

だから、ハートマーク過多も成立しちゃういます。

たぶんですよ、たぶんこの人、『変態』です。

 

でも、才能があるからオーケーになる!

天才だから変態なのか。変態だから天才なのか。

 

 

 

清竜人25

 

で、そんな天才かつ変態であるところの清竜人さんが、突然アイドルグループをプロデュースするといいいだしました。

 

実は、今回の記事は、そのアイドルグループを紹介したくて書いています。

その名も『清竜人25』と言います。

 

…まあ、まず、25って思いっきり某アイドルグループをモジってるというか、なんというか、なんですが。

その、だいたい、プロデューサーの名前入れるって、どういうこと、って感じなんですよね。

本人が全面に押されてる…

 

まあ、でも、変態だし、そういう部分も、許そう。さすがに、そんな全面にでることはないだろうし。

さーて、どんなアイドルなのかなあ、と発表を持ち望んでいたら…

 

f:id:daidiary:20160417101039j:plain

ドセンターでした。

 

いや、アイドルよりも目立ってますよ、この人!

っていうか、自分も歌うのかよ!

モー娘に、つんく♂が入る、みたいな。

 

で、詳しく調べたら…。

2014年、清 竜人が立ち上げたアイドルユニット。

プロデューサー兼メンバーである清 竜人とその妻である清 咲乃、清桃花、清 亜美、清 美咲、清 可恩、清 優華の女子メンバー6名で構成される。

妻達とともに、一緒に歌い踊り、ハーレム状態でパフォーマンスを繰り広げる清 竜人、アイドルの固定概念を覆す全く新しいエンターテインメントを披露する。

グループのコンセプト夫婦?

かつ、一夫多妻性…?

 

へ、へ、変態だーっ!

やばい。恋愛禁止とか謳って処女性守るのがアイドルのメインストリームなのに、なに、その妻って!


声優すら昨今は恋愛なんて全面に出さないよ!
おい!どうなんだ!そのあたり!

確かに天才ですよ、清竜人。あなたの楽曲、僕、もう、大好きです。カラオケで高音で絶対歌えないの分かってて謡ってたりするよ。だけどさすがに今回はさ・・・

 

なーんてことを、思ってました。

 

 

 

・『Will♡You♡Marry♡Me?』

 

えー、結論から言いますと、PVみて一気にそんなこと忘れました。

もう言います。言っちゃいます。

これが、最高だったんですよ!もう!

 

タイトルは「Will♡You♡Marry♡Me?」

やっぱりハートマーク!

 



 

おおおおおおおおおおおおおおおいいいいいいいいいいいいいいいいい !

天才ここに極まりだなあ、おい!

やっちまったなあああ!

この多幸感、んあんだこれっ!

岡村ちゃんかあ?
岡村ちゃんかよああああああああ?

 

炸裂しました。僕は思いましたね。

「天才はなにやっても許されるんだな」って。

 

まあ、まずPVがすばらしいですよね。
結婚って人生墓場とかいうじゃないですか?

ね、僕も存外間違いじゃないのかなあって最近は思う訳ですが。

観てください!

彼女たち!

幸せそう!

もう、「結婚式の諸費」のこととかいっっさい考えていません。


っていうか、え、

アイドル名乗ってチューのシーンとか入れていいの?

マジでやってるかやってないかは分かりませんけど、いや、これ、もう、なんだ?

 

でも、成立してる!ヤな気はしない!
不思議!
不思議ゆうぎ!

 

っていうか、めっちゃダンス踊ってる!

踊るの、竜人!

もうわかんない、わたし、竜人の気持ち、全然わかんないよ・・・

 

しかし、この圧倒的な楽曲に触れて、私は一つのことを考えました。

清竜人は、この『変態的』な部分を自己プロデュースしてるんじゃない
か、と。

 

元々才能のあった、清竜人。そんな彼が、変態的な感性を加えることによって、更に色んな人に見てもらえるよう、更に色んな人に楽しんでもらえるよう、考えてるのだとしたら…

 

普通だったら「いや、そこまで…」と思ってしまうけど、この天才ならありえる話じゃないかなあ。

そんなことを想いながらPVを最後まで見たのを昨日のことのように覚えています。

 

 

 

・PROPOSE

 

時は流れ。

そんな清竜人25もシングルを三枚だして、アルバムを出しました。

題名は「PROPOSE」。

上記の作品「Will♡You♡Marry♡Me?」も収録されます。

(このアルバムの楽曲にも、たくさんハートマークが使用されてます)

 

この清竜人25、結構評判も良いみたいで、僕としては「ああ、間違ってなかったなあ」という気持ちでいっぱいになっています。

(最近ではゴッドタンにも出てましたね)

 

そんな想いを抱えながら、そういえばどんなアルバムか詳しく調べて無かったな、と気になって公式サイトをチェックしてみました。

そしたら、こんなジャケ写。

 

f:id:daidiary:20160417101809j:plain

しんでる…

 

ええっ…

あの、多幸感、ええっ…

  

やっぱり変態だわ、清竜人