読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横林大々のブログ

横林大々のブログです。作家になるのが目標。こちらでは横林の宣伝や雑記を掲載します。

寒くなってきましたね。そんな今日この頃ですが、実は10/29(土)に即興小説朗読イベントを、大阪の『芸術創造館』内の『製作者BOX』で行います。朗読劇あり、ゲストありです。是非是非是非。

 

 

 

タイトルで今回の記事の要点はすべて伝えました。

(詳細のみを知りたい方は、記事の一番下までスクロールしてください)

 

  

 

五月から行って来た即興小説の公開イベント。

いよいよ、お客様の前に立つ機会も六回目となり、もう半年を過ぎようとしていることに驚きが隠せません。

反省したり、自分の至らない部分をまざまざと見せつけられたりと、僕にとっては楽しいことばかりではないイベントですが、来ていただいたお客様には満足して帰ってもらえることを目標にしてイベントを続けてまいりました。

このイベントをしているからかどうかはわかりませんが、私横林の個人のツイッターアカウントもフォロワー数が100を超え、先日はなんと遠い札幌(!?)の地で僕の過去作『ががらが・むざむざじ・ぼぼんぼ・ぼぼんぼ』が朗読劇として上演されました。

約一年前の状況に比べれば、本当に充実した毎日を送らせて貰っていると思います。

 

前回イベントの様子はこちらを参考にしてください)

 

何もかもが初めての状態で行った第一回目。

 

ゲストと朗読劇が好評だった第二回目。

 

新しい客層でのチャレンジが楽しかった第三回目。

 

即興小説の新システムが好評を博した合同イベントでの様子。

 

 最新のイベント。いつかリベンジを果たしたい。

 

「即興小説を、お客さんがいる前で披露したら面白いんじゃないか」そんな考えの元、開催したイベントも合同のものを含めれば六回目。

今回も横林大々が、お客さんからその場で、お題を貰い、それを元に5分~10分で短編の即興小説を書いて朗読します。

  

 

 

開場は、おそらく大阪で小劇場関係の何か携わる方だったら一度は聞いたことがあると思われる劇場『芸術創造館』さん!

大阪出身の劇団さんだったら一度は、ここで上演を行うことを夢見るものです。

(この前は横林の不手際を温かくフォローしサポートして下さいました。素晴らしい仕事っぷりのスタッフさんに横林は頭があがりません)

 

そんな芸術創造館さんの『製作者BOX』という練習室を今回はお借りしてイベントを敢行します!

 (こんな場所です)

f:id:daidiary:20161010212253j:plain

 

 

 

さて、今回も即興小説だけでなく、『即興朗読劇』を披露する時間を設ける予定です。 

(『即興朗読劇』というのは、その場でお題をお客さんから頂戴して、そのお題を即興ではめ込んで行う朗読劇の事)

 

なので今回は朗読劇のためのゲストとして、女優の『中山美咲』さんが来てくれます!


中山さんには朗読劇のキャストとして出演して頂くだけでなく、横林が執筆している最中に横林の過去作を朗読して貰う予定です。

 

中山さんとの出会いは、僕がかつていろいろと関わらせて貰っていた劇団さんでお世話になったところから始まり、僕の書いた脚本『オゾケ・ストロベリィ・ドォルズ』に主役として出演してくれたりもしました。

(今でも、その役のことは忘れられません)

 

なので、そんな女優さんと、このような形で共演できるのはうれしくて仕方がありません。

是非、皆さんもご期待ください。

 

  

 

そして、イベント毎に、いつも頭を悩ます『即興小説』を書いてる間のお客様の暇つぶしですが、みなさんご自由にして下さい。

パソコンを持ち込んでのお仕事もOKですし、外に出ていただいてもOK。宣伝なんかもして頂いてOKです。

 

 

 

という訳で10月29日(土)は芸術創造館内の『製作者BOX』へ是非お越しください!

(ハロウィンが近いので配れたらお菓子も配りたいと思います)

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『5分から10分くらいで即興小説を書いて朗読する会in芸術創造館にある製作者BOX』

 

○日程
2016年10月29日(土曜日)
 
開場
19:30
 
○上演時間
20:00~21:30(90分間を予定)
 
○場所
『芸術創造館 製作者BOX』
大阪市旭区中宮1-11-14)
大阪市営地下鉄谷町線千林大宮」駅から徒歩10分
京阪本線森小路」駅から徒歩10分
大阪駅前より市バス83号系統「花博記念公園北口」行 または78号系統「守口車庫前」行 約30分「旭区役所」下車すぐ
 
 
○出演
書き手:横林大々
ゲスト:中山美咲さん
 
○料金
無料カンパ制
 
○内容
第一部…『即興小説』
お題を元に5分から10分で小説を書きます。
お題はお客様から『単語』を募ります。
小説を書いている間、お客様には横林の過去作を中山さんに朗読して貰う予定です。
完成した即興小説は横林が朗読します。
(50分を予定)
 
第二部…『即興朗読劇』
あらかじめ、こちらで準備している脚本に、お客さんからお題を頂き、そのワードをはめ込む形でゲストの中山さんと横林が朗読します。
(30分を予定)

 

※チケット制ではないので要予約ではありませんが、フォームに入力して送信してくれると来場されるお客様の人数把握がスムーズに進み、非常に助かります。お時間あれば是非。

『5分から10分くらいで即興小説を書いて朗読する会In芸術創造館にある製作者BOX』予約フォーム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

  

たくさんのご来場、お待ちしています。