横林大々のブログ

横林大々のブログです。作家になるのが目標。こちらでは横林の宣伝や雑記を掲載します。

イベント『5分から10分くらいで即興小説を書いて朗読する会in芸術創造館にある製作者BOX』の終了報告と、その感想

即興小説を公開で書いてお客さんに披露するイベント『5分から10分くらいで即興小説を書いて朗読する会in芸術創造館にある製作者BOX』無事終了しました。

 

 

お越し戴いたすべての皆様、本当にありがとうございました。

今回のイベントが少しでも心のどこかに残ってくれていれば幸いです。

 

ここからは詳しい内容についての書記。

 

 

 

 

今回のイベントは大阪で演劇を志す者のあこがれの地『芸術創造館』の中にある小さな稽古場『製作者BOX』で行いました。

 

こんな場所です。

 

最初は二名くらいしかお客様が来なかったので「これは正念場やな」と思って身構えていたのですが、最終的には10名近くの、ほぼ満員でイベントを実行することが出来ました。

本当にありがとうございます。

 

今回のイベントの詳細は、こちらから。


  

 

今回はゲストに『中山美咲』さんにお越しいただき、横林が即興小説を書いている間、横林の過去作を朗読して貰いました。

即興朗読劇『ルンバ!ルンバ!ルンバ!ルンバ!ルンバ!!』では、人間になりたい掃除ロボのメールに命を吹き込んでいただきました。

あと、来てもらった人たちにはよ分かってもらえると思うのですが、横林が即興小説を書いている間のフォローが抜群でした。 

 

 

本当、ありがとうございました。

また、こんな風に共演出来てよかったです。

 

 

 

ただし!

今回の即興小説、盛り上がったことは、盛り上がったのですが、はっきりとここで書かせてもらいますが、まあ『粗い』内容になってしまいました!

本当、ここに乗せるのもはばかれるくらいの内容。

いや、盛り上がったんですよ。でも、『小説家』横林大々の宣伝の場として開催されている場所で、あれを小説と称して発表するのはいかがなものか。

 

なので、今月はイベントをせずにおとなしく、執筆活動のほうに専念させてもらおうと思います。

 

 

 

 

 

 

 以上、『5分から10分くらいで即興小説を書いて朗読する会in芸術創造館にある製作者BOX』の終了報告と、その感想でした。

 

お越し頂いた皆様、本当にありがとうございました。