横林大々のブログ

横林大々のブログです。作家になるのが目標。こちらでは横林の宣伝や雑記を掲載します。

『愛はおしゃれじゃない』は、おしゃれ

諸々語る前にまずはこれを見てくださいよ。最高なんです。最高のPVなんです。



PVを見てもらえれば楽曲の多幸感とか岡村ちゃんの過剰な格好良さが分かると思います。

作詞はBase Ball Bearの小出さん(二番から歌う人)。

出だしからガツンとくるフレーズ。

「モテたいぜ」の後に来る「君にだけに」。

裏切り。

 

「カーテンを開くようにスカートを脱がしたい」とか「マスカラつけたなら僕も君のように泣けるのだろうか」とか場合によればキツくなりがちな世界観も岡村ちゃんが歌えば成立する。

グンと素敵になる。

だって「愛はおしゃれじゃない」んだから。

 

あと、この歌の凄い所は「モテる」人も「モテない」人も積極的にノれる所だと思う。

どちらの立場も踏まえながら、理解が行き届いてるというか。

格好悪いは格好良いに。

格好良いはひょっとしたら格好悪いのかもよ、と。

それって凄く最高だよな。

 

あの年で「ちゃん」づけ成立するの凄すぎる。

 

愛はおしゃれじゃない

愛はおしゃれじゃない