横林大々のブログ

横林大々のブログです。作家になるのが目標。こちらでは横林の宣伝や雑記を掲載します。

イベント内容紹介②『朗読劇「ルンバ!ルンバ!ルンバ!ルンバ!ルンバ!!」』

 

 


という訳で残り一週間を切った即興小説のイベントを紹介する当ブログの宣伝ウィークも二日目。

 

今日は、イベントの大トリを務める『朗読劇』についての紹介をします。

 

 

せっかくブログを見に来てくれている方に、ここだけの秘密を紹介します。

かれこれ七回くらい即興小説のイベントを行ってきたのですが、実はそのほとんどがラストに、この朗読劇をもってきているんですね。

 

「いや、即興小説のイベントやろ。出来合いのものもってきてるやん」と突っ込まれることも多いのですが、ここではっきりと言っておきます。

 

即興はクオリティがピンキリなんや……

 

もちろんお客様に楽しんでもらうことが第一で書いているのですが、そこは流れや運やタイミングもありますから。

時折暴投をかまして、お客様を置いてけぼりにするときがあります。

 

で、そうなってくると「やばい。せっかく来てもらったのに、嫁に生肉を食べさせられる姑の話でイベント終わってしまうやん」みたいな最悪な事態を巻き起こす可能性もあるのです。

 

そこで救命措置として行っているのが、ある程度クオリティが保証されている朗読劇。

これを読むことによって「ああ、なんかイベントに来てよかったなあ」と、たとえ姑が生肉を食べさせられる話を聞いた後でも思ってもらうことが出来ます。

 

 

 

更に朗読劇に何年か携わってきた人間としての利点で、その朗読劇を関西で活躍する役者さんに朗読して貰っています。

これが本当に楽しくて。

自分が書いた作品を他の人が声で演じてくれる喜び。

これは、もう、素直にうれしいんですよ。

 

今回も『劇団暇だけどステキ』という大老舗の劇団さんから『おさみき』さんと『西田美咲』さんがゲストに来られます。

 

初のダブルゲスト。

いやあ、僕は幸せです。

 

やわらかい声のおさみきさん、溌剌とした西田さん。

朗読劇の内容にso good!です。

 

 

 

ちなみに、今回の朗読劇は文章で会話をする機能がついた掃除ロボと、会社で働いたストレスから声が出なくなってしまった女性が、メールで行う映画や好きなものにまつわるお話です。

 

タイトルは『ルンバ!ルンバ!ルンバ!ルンバ!ルンバ!』

さよなら絶望先生のオープニング『空想ルンバ』の冒頭部分からパクリしました)

 

とりあえず楽しみにしてもらえたらと思います。

 

 

 

「いや、ラストにそんな役者に朗読して貰うという作者のオナニー作品朗読タイムがあるの?」

という、ひねたブログ読者さん。

 

まあ、そうっちゃあそうなんですけどね。

とりあえず、二回目の即興小説イベントで行った作品を置いていくので参考にしてください。


2016年に書いた作品の中でもベストのものです。

ここまでのものではないかもですが、期待はしてほしい。

 

 

 

せっかく演劇が溢れている場での公演ですからね。

是非朗読を楽しんでもらえれば幸いです。

 

キャストも盤石。

是非是非。

 

以下詳細です。

 

■ メインゲスト

横林大々(よこばやしだいだい)さん

文芸サークル『バケツエンターテイメント』主宰。
小説投稿サイト『カクヨム』で『ひとり、きょうだい。』『横林大々のショートショート』等を公開中。
少しでも知名度を上げる為に、現在は月一回を目標に、その場で即興小説を執筆し、朗読するイベントを開催しています。

カクヨムhttps://kakuyomu.jp/users/yokobayashi_daidai/works

 

■ ゲスト

おさみきさん(劇団暇だけどステキ)
西田美咲さん(劇団暇だけどステキ・劇的☆ジャンク堂)

 

■ イベント内容

○即興小説

お客様からお題をいただき(出なかった場合はあらかじめ用意したお題の中から抽選)、短い時間で小説を書き上げます。プロジェクターで出来上がった小説は画面に投影し、横林やゲストが朗読します。
【企画内容】
1、即興小説
2、Hi-STANDARD中島みゆきが一曲分終わるまで即興小説
3、ラスト一文が芸人のコンビ名縛り即興小説
4、書き散らかした即興小説をゲスト朗読やBGMで盛り上げよう

○朗読劇
「ルンバ!ルンバ!ルンバ!ルンバ!ルンバ!!」を上演します。

 

■ 会場

観劇三昧日本橋

 

■ イベント日時

2017年2月12日(日)

14:00~16:00



■ 対象

どなたでも

 

■ 料金

無料