横林大々的

趣味、ときどき宣伝。

運命の出会いとか信じちゃうメルヘン系男子が『(500)日のサマー』を見た結果wwwwwwwwwwwww

f:id:daidiary:20170129101735j:plain

 

 

メンタルブレイク!!

メンタルブレイクですよ!奥さん!

なんつーもん見せてくれるんだ!

最悪だ!でも、最高だ!!

 

という訳で、今日は(500)日のサマーについて書くよー。

『運命の出会いとか信じちゃうメルヘン系男子』はマストで見ましょう。

生きる指標になるかもしれない。

 

 

 

この『(500)日のサマー』、今まで見た事無かったのでジャケットのイメージとかで「あ、大学生の恋愛ものかな」と思ってました。…なんでやろうね。

だから、なんていうんですかね。僕らの世代に間違ったキャンパスライフの価値感を植えつけた問題作『オレンジデイズ』的なキャンパスものとばっかり思ってたんですが。

ガッツリ働いてるね。社会人のお話なんですね。

 

でね、てっきりラブコメ的な話とばかり思ってたたんですよ。僕の好きな『ラブ・アクチュアリー』のようなね。

そしたら、あの展開でしょ?なかなかメンタルエグってくるじゃないですか、内角に。

 

みんなは、どう?運命とか信じる派?

私は信じる派―。

これ、よく人に言うんですけど、僕の心の中には一度も男性とお付き合いしたことがない文系サブカル女子が住んでるんです。…見た目、超おっさんなんですけどね、僕。

で、このお付き合いしたことのないサブカル女子は、夢を見るんだよなあ。「恋って素敵なものじゃない!」って。

そこに、ガッツリおっさん感性の脳内僕が、ガッチリ握手をしてるようなイメージ。

メルヘン系男子の完成である。

 

まあ、もともと男ってヤツは信じますから、夢を。

よく言うよね。男は名前をつけて保存で、女は上書きなんちゃらー、みたいな。

僕に至っては、もう、ドヤバイですからね、運命信じてる感。

こういう作品とかあ、

 

こういう作品とかあ、

 

こういう作品とかあ、好きですからね

 

 

 

そんな僕達に、劇中でサマーは言いってのけるわけですよ。「恋なんて長続きしない」って。

おいおい、なんだ、この女?ヤリマンかよ?そんなはしたない事を考えてたら、ものの20分くらいで彼女の魅力にハマってました。ごめんなさい、心ヤリマンなのは僕の方でした。

 

この作品で面白いのは、まず『時系列』が前後する事ですよね。

物語の冒頭は失恋したって所から始まって、じゃあ、どうしてそうなったんだっていうのを過去を回想するように振り返る。

その中で『振られる前』と『振られた後』を行き来しながら、なぜ『振られたか』の核心は物語の最後の方に持ってくる、という。

構成が上手ですよ。『振られる前』『振られた後』の対比も随所にあってgood!

 

あとは『シーンごと』の面白さですかね。

サマーと良い感じになって主人公の男が街に出かけると、突然町並みがミュージカルみたいになる、というフラッシュモブ演出とかも面白かったし。(鳥がディズニー的なアニメで表現されてるのもいいね)

あとは、公園で、ある単語連呼するとことか、現代美術の展示を観に行って感想を述べるシーンとか、単純に面白いシーンも多く。

それも、なんか良かったですよね。

 

で、多分、洋楽に詳しければ、映画内でかけていた曲も分かって「ああ、こんな曲使ってたのー!」とか「このタイミングでこの曲はずるい」とかも分かってたんだと思うんですが、生憎洋楽詳しくないんですよね。

劇中で2人が見ていた映画も有名な映画のラストシーンだって知らなかったし。(多分、向こうだったらそれを見て一発で文脈が分かるんだろうなあ)

ちょっとそれは知識がない分、もったいないのかもなあ、って思って見てました。

 

 

 

…とまあ、色々と、この映画の魅力を伝えてきたのですが、やっぱり『(500)日のサマー』のキモはラスト20分頃からのシーンじゃないですか?

あそこで2人が対話をする訳ですが、それがなかなか心に来る!

もともと主人公の男が「運命とかが来ればいいのになあ」って願ってて、それに対してサマーは「恋愛なんてどうせ長続きしない」と思ってるんです。

その価値感が最終的に、どうなるのかを見て欲しい。あれは、すべての物語に欠かせることの出来ないキャラクターの成長故に起こった悲しい出来事だあ。

 

ただし、この映画の良い部分っていうのは最後が、きちんとハッピーエンドで終わるところです。

「わあ、辛いなあ」ってシーンはあるんですが、それを、どう乗り越えて、幸せな結末へ向かっていくか。そんなところも見どころの一つだと思います。

特に僕は、オチを見た時に「決まった!」って思いましたね。落語のサゲみたいでしたね。ドンドン!って。

「なるほどなあ」ってなると思います。

 

 

 

という訳で、運命の出会いとか信じちゃうメルヘン系男子が『(500)日のサマー』を見た結果は、『メンタルブレイクからの恋に対する前向きな気持ちが芽生える』でした。

 

恋に悩んでいる人は是非見てみたらいかが?僕みたいなメルヘン男子も色々『運命』について考えさせられますよ。


でも、好きな曲が合うって運命とか思っちゃうよね。僕もガガガSP好きとかいう女の子が出たら惚れちゃうもんなあ。