横林大々的

趣味、ときどき宣伝。

『横林大々のギャルゲー(仮)』改め『ハーレムとブックマーク』発表延期についてのお知らせ

f:id:daidiary:20171227222834p:plain

 

『横林大々のギャルゲー(仮)』の発表延期についてのお知らせ

 

今年度の12月発表予定と告知しておりました『横林大々のギャルゲー(仮)』につきまして、現在、大幅に作業が滞っております。それに伴いまして誠に勝手ながら発売を延期させて頂くこととなりました。

 

発表直前のご案内となってしまったこと、心よりお詫び申し上げます。

 

変更後の発売時期につきましては、決定次第ご案内をさせていただきます。

 

何卒ご理解頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

横林大々

 

 

 

……。

 

…………。

 

(頭を下げつつ、周りに気配があるかどうかを探している)

 

…………。

 

……。

 

…よし。

 

(頭をゆっくりと上げながら)

 

いやあ、見事に謝罪決まったなあ。

これで、2017年とか言ってたけど、なんとか許して貰えたは……

 

……って、まだ、誰かいますやん!

遠方にひっそりと佇んでるやん!!

 

形だけの謝罪って、ばればれですやーん!!

 

こんな記事書いてたのに、まだ完成してないんだ、むしろ延期するんだって顔してますやーん!!! 

 

ひえええ。おゆるしをおおおお。

(額を床にこすりつけるようなスタイルの土下座)

 

……といった定型の謝罪と、それにまつわるコントはここまでにしまして、ここからは作者の本音と、実際の進行状況についてお話させて貰います。

 

 

 

延期理由①→多忙の2017年

 

いや、これ結構まじめなお話なのですが、2017年がおもってたよりいろいろと忙しくさせて貰ったんですよね。

「いや、みんな忙しいよ」って言われると何にも言い返せなくはなるのですが……

 

特に即興小説バトルという横林が主催しているイベントがあるのですが、それがまあ、こう自分の人生の中で今まで感じたことのないようなヒットを起こしました。

そこからのご縁でいろいろ催したり体験したりしているうちに2017年が終わりにさしかかってたんです。

(即興小説バトルの詳細は下記ブログの記事を見てください)

 

他にもパワポカラオケの大会に参戦したり(結果4位)、大喜利のイベントにひょこひょこと出場したり、仕事が忙しくなってきたりなどのプライベートの変化なんかもあったりはしたのですが、そんなこんなで今に至ります。

 

本当に2017年は今までの人生の中で間違いなく多忙で楽しい一年でしたね。

ただ、そのことが要因かは分かりませんが12月の中旬、無理がたかってか、胃腸炎で五日間苦しむ事態になりました。

 

 

 

延期理由②→自分の身の程をわきまえない締め切り設定

 

2017年の即興小説バトルの盛り上がりとは反比例して横林個人の活動、特に小説などの執筆は、少ししょっぱいものになってしまった。

 

というのも、自分の現在の身の程を考えずに、どんどんとイベントや予定などを「空いてるからいけるだろう」と詰め込ん詰め込んで週一回か何かのイベントに顔を覗かせるor参加するor自ら何かを主催するという生活をしていたら、今まで人と会う事も少なく休日は引きこもりに終始していた横林の中で能力値のラインを越えて、パンクしてしまったのですよね。

 

まあ、今まで人間関係苦手だった人間が人間と頑張って関係を作るというプレッシャーも、えげつなかったのでしょう。誰かが喜んでくれるから、嬉くおもってくれるからで動いてきたんですが、年末の今、思いましたね。まず、自分を大事にしようって。自分があっての人生だなって思って。

 

そもそも2017年鳴り物入りで企画してきた横林大々のギャルゲーが、勧めていないってどういうことなんだ、という話ですよ。

という訳で、案の定しわ寄せが自主企画のギャルゲーの方に、来てしまい、このようなことになりました。

楽しみにしていた皆様には本当申し訳ないとしか言いようがありません。

来年は自分のためを思って作品に時間を沢山費やすことに重点を置く1年にしようと画策します。

 

 

 

進展①→立ち絵が出来上がりました

 

さて、自己内省ばかり年の瀬に見せられてもしんどいと思うので、2017年にギャルゲーで進展のあった部分をここからは紹介していきますよ。

 

まずは、これを言わねばならないでしょう。

絵!

 

これ!

これね!!

f:id:daidiary:20171227222834p:plain

かわいいっ!

え?

え?

なにこれ、ハウキュートが過ぎませんかっ!

 

この絵、ネットで適当に検索してきて無断転載してるとかではないですからね。

 

実はこれ、JAIBONさんというハイパーウルトラデザイナーさんに依頼をして書いて頂きました。

 

8月の初頭、「ギャルゲー」と言えば萌え系の絵だろうと、鼻息荒く自作の絵をネットにアップロードしたところ、まあ悪い意味で反響がありまして。

その時の絵がこちらです。

f:id:daidiary:20171228030049j:plain

……やば。

手が書けないから誤魔化している感が凄いですね。

 

で、「これはせっかく小説を書いても絵のせいで雰囲気ぶち壊しになる可能性があるな」と思い、せっかくならきちんとしたプロの方にお願いした方がいいと、昔から接点のあったJAIBONさんに依頼をした次第です。

 

ちなみに、その時絵を描いて頂いた時の、JAIBONさんのブログがこちら。

2017年10月のブログ|JAIBON BLOG

 

これ書いて貰ってることから分かるとおり8~10月頃には本気で年内、ギャルゲーを完成させる予定でした。

 

っていうか、絵!
最高じゃないですか?

 

いや、これね。
9月頃にラインでラフ画を送って貰った時から「ありがとう浜村淳です」って思ってましたからね。

f:id:daidiary:20171228031145j:plain

f:id:daidiary:20171228031132j:plain
さてみなさんの精神性ですよ。

 

で、完成したらこれですよ。

f:id:daidiary:20171228031416j:plain

すげえ!

f:id:daidiary:20171228031342j:plain

すげえ!!

f:id:daidiary:20171228031426j:plain

萌え一辺倒じゃないのがいいですよね、絶妙なバランス感覚。

 

 

f:id:daidiary:20171228031353j:plain

ちょっと分かりましたもんね。

ラノベの作家の人の気持ちというか。

f:id:daidiary:20171228031437j:plain

自作のキャラクターに絵がつくだけでここまで嬉しいものなのか、と。

f:id:daidiary:20171228031405j:plain

本当に依頼させて貰ってよかった、って思いましたね。

 

もう、これだけクオリティが高いのであれば、むしろ絵だけ見てほしいくらい。
全部最高ですから。

 

特にお気に入りはメインヒロインの荒川真直。

f:id:daidiary:20171228031256j:plain

かわいいなあ!
かわいいなあ、おい!

 

横林の書いてたビフォー。

f:id:daidiary:20171228030049j:plain

JAIBONさんの書かれたアフター。

f:id:daidiary:20171228031327j:plain

頼んでよかったあ!
マジで頼んでよかったああ!!

 

これで進行するギャルゲーやばないっすか?

 

そんなハイパーウルトラ最高絵を準備して貰っていて、年内間に合ってない罰当たり『横林大々』ですよ。

『バチ林あたりあたり』に改名しないといけませんね。

 

JAIBONさん、本当にありがとうございました。

 

 

 

進展②→タイトルと媒体について決まりました

 

というわけで来年は、まじめにギャルゲーを執筆して、来年の今くらいにギャルゲーの全容を発表できればと考えております。

少しゆとりをもっての設定で、みなさんにお届けを目指します。

 

で、この企画に関してはタイトルも『横林大々のギャルゲー(仮)』から変更して

『ハーレムとブックマーク』

という企画題名に改名します。

 

もともとはギャルゲーという触れ込みで始めたものなのですが、『ギャルゲーだとちょっと偏見で手に持ってもらえる率が低くなるかもなあ』という謎の心配からです。
よりキャッチーに。よりポップに。シティポップみたいな作風を目指します。

 

だいたい仮タイトルは横林の味が強すぎますからね。作者の名前を入れるのも始めは面白いかなあと思ったのですが、ちょっとね、強すぎますね横林分が。

こう『ハーレムとブックマーク』だったら、なんかのバンドのなんかのアルバムタイトルっぽいでしょ?
髭とボイン的な。そう!髭とボイン的な!(今、思いつきました)

 

そしてタイトルを『ハーレムとブックマーク』に変えた理由はもう一つあります。

実はこのギャルゲー、はてなブログで進行していくゲームブック的な内容にしようと考えているのです。

ギャルゲーというからには、何か一からゲームを作るのかなと考えられている皆様、実は少し違います。

 

各ページにはリンク先という形で幾つかの選択肢を盛り込みまして、それを進行しながら各エピソードの真のエンディングを目指すという、当ギャルゲーは、まさにゲームブックな内容となっております。

ゲームブックは、こういった『にゃんたんのゲームブック』のようなものをイメージすれば分かりやすいと思います。昔、買いませんでしたか?僕は7冊くらい買いました)

f:id:daidiary:20171228034658j:plain

 

そして、その選択肢の前のセーブ的な意味合いで重要となってくるのが、この『ブックマーク』の制度。

いくつかのバッドエンドをめぐる際に、いちいち戻って、再び別の選択肢をっていうのも大変だと思うのです。

ですので、ボス戦前のセーブのごとく役割を、各インターネットのブックマークに担って戴きます。

 

 

 

総括

 

如何でしょうか、概要も輪郭だけではありますが、ぼんやりと見えてきていませんか。

 

という訳で、最新情報などは、ツイッターもやっていますので、ぜひそちらもチェックして頂ければと思います。

 

もちろん、こちらの記事でも進展があればお伝えします。

 

2018年は、『横林大々のギャルゲー』改め『ハーレムとブックマーク』の事を、よろしくお願い致します。

いろんな人が楽しめるギャルゲーにします。